お寺の楽器の共通点

大般若祈祷法要を録音するために、山形県にある山寺の立石寺に伺いました。

録音を終え、音のミックスを行なっている時に、お寺の楽器とお坊さん達の歌声について、倍音などを見てみると、ほぼ570hz付近で全ての音が共通していることに気付いたのです。

後日、住職にそのことを質問したところ、「お寺によっては、音叉で測って楽器を作ってもらっているところもある」とのことでした。

570hzを中心に、下は285hz付近、上は1140hz付近に何らかの世界があるのかもしれません。

私は無宗教ですが。。

 

・検証その1 お坊さんの周波数帯域(一部拡大)

 

・検証その2 高音域の楽器の周波数帯域(一部拡大)

 

・検証その3 中音域の楽器の周波数帯域(一部拡大)

 

・検証その4 低音域の楽器の周波数帯域(一部拡大)

コメントを残す