PROFILE

 

 

 

 

NOISE IN JAPAN

HIROYUKI SUGAWARA

宮城県在住

1977年

 

 

 

  サウンドデザイナー

(Sound Designer)

  自然録音家

(Field Recordist)

2004年音楽制作会社を立ち上げ、CM、ゲームミュージック、フォーリーサウンド、空間音響などはじめ、現在までに約3000曲制作。また、音声解析なども行う。

東日本大地震を機に、2012年頃から自然録音家としても活動の幅を広げ、100年後、1000年後の未来の人々に、2000年代初頭の音を

「アート&アーカイブ」

の両面から届けるべく、日本各地の様々なフィールドレコーディングを行う。

同時に録音した素材などを使い、soundscapeやambientmusicなどのアート作品も制作。

フィールドレコーディングを用いたHIROYUKI SUGAWARA名義の「Northern Latitude 38° Line / NOISE IN JAPAN」や、山形県酒田市飛島にある、御積島の洞窟内部の音、山寺立石寺の大般若祈祷法要などの音源は、坂本龍一のJ-WAVE「RADIOSAKAMOTO」をはじめ、様々な番組で取り上げられる。

現在は自然を中心としたフィールドレコーディングの他、TV、ラジオ、CM、メディア関係の音楽制作、NHKラジオ番組制作などを中心に業務を展開。

アート作品として2ndアルバムのアンビエントミュージックを作曲中。

趣味は、釣り、狩猟、旅、麻雀、彫刻などアウトドアからインドアまで。

お仕事のご依頼などはMAILからどうぞ